トップページ お酒ができるまで

お酒ができるまで

「すべてが津軽に始まり、津軽に尽きる酒造り」

多くの酒造メーカーがコンピュータの導入による効率化を進める中、六花酒造はあくまで、津軽の米と水を原料に、酒造りを続けています。 六花酒造の酒造りの様子をご案内いたします。

お酒ができるまで

01.精米所 → 02.釜場 → 03.麹室 → 04.製麹室  → 05.酒母室 → 06.仕込室 → 07.圧搾室 → 08.貯蔵庫 → 09.瓶詰め工場

01.精米所

精米所

精米とは「玄米を磨いてぬかを削り、白米にすること」で、精米所ではその作業を行っています。 日本酒では、元の玄米の重量に対する磨かれた白米の重量比(精米歩合)により、本醸造・吟醸酒・大吟醸酒などが区別されています。 米は磨けば磨くほど、表面の雑味が失せ、米本来の旨みが洗練された形で味わえるようになります。

02.釜場

釜場

釜場では、精米された酒米を洗ったり蒸したり、また蒸し上がった米(蒸米)を放冷します。 冷えた酒米は、麹室へと運ばれます。

03.麹室

麹室

冷えた米に種麹を与えるところ。 麹は、日本酒やみそ、醤油など発酵食品の醸造に使われる、麹菌を穀類に生やして酵素を分泌させたもの。 その麹造りのもととなる、蒸米にまく黄麹菌を「種麹」と呼びます。 種麹を与えられた蒸米は、麹米と呼ばれます。

04.製麹室

製麹室

種麹を与えられて一日たった麹米は、麹蓋という道具に敷き詰められ、約3日間、厳重な温度・湿度管理のもと、保存されます。 こうして、麹ができあがります。 昔から日本酒造りは「一麹、二モト(酒母)、三つくり(醪)」と言われ、麹造りは最も重要な工程のひとつと言えます。 できあがった麹は、酒母を造るために用いられます。

05.酒母室

酒母室

酒母は、酵母という微生物を大量培養させたもの。 酒母造りは、蒸米に水と麹を加え、発酵させていくという流れを経ます。

06.仕込室

仕込室

できあがった酒母に、さらに蒸米と水、麹を加えて一定の量に調整していきます。 こうしてできあがるのが醪となります。

07.圧搾室

圧搾室

ここではできあがった醪に圧力をかけ、清酒を搾り出します。 清酒が搾り出された後の圧搾機には、元の醪から板状の酒粕が分離して残ります。

08.貯蔵庫

貯蔵庫

搾りあげられた清酒は、ろ過→火入れという工程を経て、タンクに貯蔵されます。 清酒は貯蔵されている間も、調熱したりして味に丸みをおびさせます。

09.瓶詰め工場

瓶詰め工場

完成した日本酒は、瓶の中に注がれ、蓋をされラベルを貼られて、出荷・販売を待つ状態となります。

アクセス

大きな地図で見る

青森の地酒・日本酒「昔ながらの、手造りの酒」

インターナショナル・ワイン・チャレンジ SAKE部門 GOLD受賞!!

うまい酒ここにあり 六花酒造 楽天 六花酒造株式会社公式フェイスブックページ お問い合わせフォーム
六花酒造株式会社
〒036-8066
青森県弘前市向外瀬字豊田217
TEL.0172-35-4141
FAX.0172-35-4147
このページの先頭へ戻る